カウンセラーって、実は意外と稼げるんです。


by oyk1hbulxb

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 新政権発足早々、参院選の投開票日を巡る綱引きが激化している。郵政改革法案の今国会成立を求める国民新党に配慮して、菅直人首相は国会会期の延長を検討しているが、改選期の参院議員を中心に延長せずに早期の参院選実施を求める声が強まっているからだ。調整に手間取れば菅首相のリーダーシップを疑問視する声も出かねず、首相は政権発足早々、大きな決断を迫られている。

 民主党の高嶋良充参院幹事長は8日の記者会見で「所信表明と代表質問の日程から言えば、郵政改革法案を審議するなら会期延長しなければいけない」と指摘した。民主党と国民新党は郵政改革法案について「速やかな成立を期す」とする合意文書を結んでいる。会期を2週間程度延長した場合、参院選投開票日は7月25日となる。

 しかし、毎日新聞など各社が週末に行った世論調査で民主党の政党支持率が急速に回復。高い支持率を保ったまま早く選挙戦に入りたいとの要望が参院側から噴き出した。会期通り閉会すると投開票日は7月11日になる。

 8日の党役員会では改選を迎える小川敏夫参院議員が「できるだけ延長しないで、このまま参院選に突入してほしい」と求め、枝野幸男幹事長も「そうした意見を踏まえて検討する」と引き取った。改選を迎える参院議員の一人は「郵政改革法案はどうしても今国会で成立させなくてはいけないものではないだろう」と息巻く。

 だが、国民新党側には警戒感がある。連立を重視した小沢一郎前幹事長と異なり、新政権の真意を読みかねているからだ。郵政改革法案を提出した当時、仙谷由人官房長官は国家戦略担当相だったが、提出に異論を唱えた。今国会で成立させなければ参院選後、郵政改革の内容自体が変わりかねないとの危機感がある。亀井静香氏は8日、記者団に「(今国会)成立をめざし、徹底して審議する」と強調した。

 自民党など野党は、終盤国会の日程を示さない民主党に疑念を深めている。会期通りの閉会では新内閣を追及する「見せ場」を失うためだ。自民、公明、共産、社民、みんな、たちあがれ日本の6党国対委員長は8日、民主党の樽床伸二国対委員長と国会内で会談し、新首相誕生を踏まえ今国会での予算委員会開催を求めた。だが、樽床氏は「(民主党代表選で休会になった)空白期間の代償をどう払うか十分検討させてほしい」と答えるにとどめた。【高山祐、木下訓明】

【関連ニュース】
民主党:主な新役員の会見要旨 枝野幹事長
菅首相:組閣、枝野幹事長発表 代理に「親小沢」の細野氏
菅首相:官房長官は仙谷氏 「枝野幹事長」案は党内に異論
民主党:幹事長に枝野氏か 組閣は来週にずれ込み
民主代表選:4日にも新内閣誕生 菅氏有力、枝野氏ら支持

菅首相の取材「1日1回」=官邸が内閣記者会に提案(時事通信)
二度と…「安平」育ての親、首相に涙の訴え(読売新聞)
航路開設100周年で宇高連絡船再現=香川県〔地域〕(時事通信)
首相補佐官に側近の阿久津、寺田両氏(産経新聞)
債務残高、10年後縮減=概算要求基準復活を示唆―野田財務相(時事通信)
[PR]
by oyk1hbulxb | 2010-06-15 19:10
 北極圏の温暖化に影響を与えると考えられている「ブラックカーボン(すす)」の6割が、ロシアの森林火災で発生していることを、東京大の近藤豊教授(大気環境科学)らが突き止めた。世界の森林面積の2割以上を占めるロシアでは、年間1万件近い森林火災が起きている。多くは火の不始末など人間活動が原因だという。千葉市で開かれている日本地球惑星科学連合大会で28日午後、発表する。【八田浩輔】

 北極圏の気温は、過去20年で世界平均の2倍のペースで上昇しているという報告もあるが、すすの発生源を分析したのは初めて。

 近藤教授らは米航空宇宙局(NASA)と共同で、北極圏と周辺の大気中のすすの分布を08年4月と7月に調査し、発生源を分析した。4月のすすの濃度は7月の6〜7倍で、4月の発生源の63%がロシアの森林火災だった。7月も34.7%を占めた。

 一方、自動車の排ガスなど経済活動によるすすの排出量は、中国とインドで世界の約4割を占めるが、アジアからのすすは6.6%にとどまった。北極圏に到達する前に、雨とともに落下したと考えられるという。

 すすの温室効果は二酸化炭素(CO2)の半分以下だが、氷河の表面に付着して氷を溶かす作用がある。近藤教授は「地球温暖化対策はCO2削減だけでなく、ブラックカーボン対策も重要。ロシアの森林管理を急ぐべきだ」と話す。

【関連ニュース】
<関連写真特集>アイスランド火災噴火
<関連写真特集>黄砂:全国で観測 千葉市で瞬間最大38.1メートルの強風も
<関連記事>野口健さん:「ヒマラヤの氷河ずたずた」温暖化の現状語る セディナカードAXU発表会

「意見交換しただけ、引き続き話し合う」官房長官(読売新聞)
アユやモクズガニ 目黒川で「発見隊」(産経新聞)
「首相支える」「長い目で見て」=続投支持相次ぐ―各閣僚(時事通信)
首相「社民党から新閣僚も当然視野にある」(産経新聞)
自民、首相問責決議案提出へ…社民にも呼びかけ(読売新聞)
[PR]
by oyk1hbulxb | 2010-06-04 10:28