カウンセラーって、実は意外と稼げるんです。


by oyk1hbulxb

<北極圏のすす>主因はロシアの森林火災 東大教授ら解明(毎日新聞)

 北極圏の温暖化に影響を与えると考えられている「ブラックカーボン(すす)」の6割が、ロシアの森林火災で発生していることを、東京大の近藤豊教授(大気環境科学)らが突き止めた。世界の森林面積の2割以上を占めるロシアでは、年間1万件近い森林火災が起きている。多くは火の不始末など人間活動が原因だという。千葉市で開かれている日本地球惑星科学連合大会で28日午後、発表する。【八田浩輔】

 北極圏の気温は、過去20年で世界平均の2倍のペースで上昇しているという報告もあるが、すすの発生源を分析したのは初めて。

 近藤教授らは米航空宇宙局(NASA)と共同で、北極圏と周辺の大気中のすすの分布を08年4月と7月に調査し、発生源を分析した。4月のすすの濃度は7月の6〜7倍で、4月の発生源の63%がロシアの森林火災だった。7月も34.7%を占めた。

 一方、自動車の排ガスなど経済活動によるすすの排出量は、中国とインドで世界の約4割を占めるが、アジアからのすすは6.6%にとどまった。北極圏に到達する前に、雨とともに落下したと考えられるという。

 すすの温室効果は二酸化炭素(CO2)の半分以下だが、氷河の表面に付着して氷を溶かす作用がある。近藤教授は「地球温暖化対策はCO2削減だけでなく、ブラックカーボン対策も重要。ロシアの森林管理を急ぐべきだ」と話す。

【関連ニュース】
<関連写真特集>アイスランド火災噴火
<関連写真特集>黄砂:全国で観測 千葉市で瞬間最大38.1メートルの強風も
<関連記事>野口健さん:「ヒマラヤの氷河ずたずた」温暖化の現状語る セディナカードAXU発表会

「意見交換しただけ、引き続き話し合う」官房長官(読売新聞)
アユやモクズガニ 目黒川で「発見隊」(産経新聞)
「首相支える」「長い目で見て」=続投支持相次ぐ―各閣僚(時事通信)
首相「社民党から新閣僚も当然視野にある」(産経新聞)
自民、首相問責決議案提出へ…社民にも呼びかけ(読売新聞)
[PR]
by oyk1hbulxb | 2010-06-04 10:28